あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー・アレルギー疾患」 「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症等)」「眼・耳鼻咽喉・口舌の疾患」 「顔面神経麻痺」 「気の障害」「消化器・泌尿器の疾患」 「神経・関節の疾患」「心・血管の疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< 遠方からの患者様へ | main | 4月のガーデン;レンギョウ・イカリソウ >>
”食育"を考える (石塚左玄の食養学の紹介)
0

    石塚左玄の”食育という考え方が注目されています。

    日本では食育基本法なるものが、3年前に施行されました。何故そこまでしなくてはならないのでしょうか。それは、病院にかかっている人があまりにも多くなったからです。ほとんどの人は病に罹っている、もしくは罹りそうな人だそうです。テレビ番組も健康や病気に関するものが多くなってきましたし、それがまた、視聴率が高いのです。

    どうしてそんなに病人やその予備軍が多いのでしょう? 国を挙げての対策まで出る始末。メタボリックシンドロームの対策は、その最たるものです。健康保険金のお医者さんへの支払いも増えたことでしょう。


    今回、「石塚左玄」という方を紹介しましょう。(いしづか さげん、嘉永4年2月4日(1851年3月6日)福井県生まれ、明治42年(1909年)10月17日没)


    石塚左玄は、3つの業績を残しています。

    /育を本(文字)にした(食育の祖

    日本人にあった食生活を提案した

    左玄流の食育論を提唱した

    です。

    また、

    /育は、家庭教育である

    ⊃銅ら正しい食事をしなさい、親の親から食を正しなさい

    食養道の提唱「命は食なり」

    て本人は穀物食をしなさい

    チ澗凌、すなわち丸ごと食べなさい

    Ε丱薀鵐肯匹食べなさい、山と海との二体同心、NaとKが最も大切。

    と説いています。


    「石塚左玄の食養学6かの詳細は次の通りです。

       1. 食本主義 

    「食は本なり、体は末なり、心はまたその末なり」と、心身の病気の原因は食にあるとしました。人の心を清浄にするには血液を清浄に、血液を清浄にするには食物を清浄にすることであるとしました。「命は食なり」と説いています。


       2. 人類穀食動物論 

    食養理論の大著である『化学的食養長寿論』は「人類は穀食(粒食)動物なり」とはじまる。臼歯を噛み合わせると、粒が入るようにへこんでいるため、粒食動物とも言った。人間の歯は、穀物を噛む臼歯20本、菜類を噛みきる門歯8本、肉を噛む犬歯4本なので、人類は穀食動物である。穀食動物であるという天性をつくすと説いています。


       3. 身土不二 

    「郷に入れば郷に従え」、その土地の環境にあった食事をとる。居住地の自然環境に適合している主産物を主食に、副産物を副食にすることで心身もまた環境に調和する。


       4. 陰陽調和 

    当時の西洋栄養学では軽視されていたミネラルのナトリウム(塩分)とカリウムに注目しました。陽性のナトリウム、陰性のカリウムのバランスが崩れすぎれば病気になるとしました。これは東洋医学の陰陽理論に通じます。ナトリウムの多いものは塩のほかには肉・卵・魚と動物性食品、カリウムの多いものは野菜・果物と植物性食品となる。しかし、塩漬けした漬け物や海藻は、塩気が多いためにナトリウムが多いものに近い。精白した米というカリウムの少ない主食と、ナトリウムの多い副食によって陰陽のバランスがくずれ、病気になる。


       5. 一物全体 

    一つの食物を丸ごと食べることで陰陽のバランスが保たれる。「白い米は粕である」と玄米を主食として、野菜は皮を除かず食べることをすすめた。


    このように、栄養学がまだ学問として確立されていない時代に食物と心身の関係を理論にし、医食同源としての食養を提唱しました。「体育智育才育は即ち食育なり」と食育を提唱し「食育食養」を国民に普及することに努めた方です。

    この考え方は、大変感銘を受けます。私たちがこれまでどのような食生活をしてきたか、その結果、どのようになってきたのかを反省させられます。


    さて、これをお読みになった方は、今後の食事をどのようにしてゆきたいと思いましたか?


    「あん鍼灸院の治療方針」

    「あん鍼灸院で治る病症」

    (遠方よりお越しの患者樣へ)


    **************

     脈診流はり専門

     あん鍼灸院

     予 約:087-887-1466
    **************

    | あん | 食餌療法 | 07:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
    昨日はホントにお世話になりました
    ありがとうございます
    それにしても
    実に簡潔に書かれていますよね
    僕も ここまで確信をもって話さなければ
    と思いました。
    ありがとうございます。
    | まあちゃん | 2009/07/21 7:06 PM |









    http://www.anshinkyu.com/trackback/91
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE