脈診あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症等)」 「爪甲剥離症」 「顔面神経麻痺」 「気の障害」 「免疫・アレルギー疾患」 「ヘバーデン結節症」 「耳鼻咽喉・口舌・眼の疾患」「消化器・泌尿器の疾患」 「神経・関節の疾患」「血管の疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< ツルコウジ | main | あん鍼灸院で「嗅覚障害/歯槽膿漏」が治った【治験例1】 >>
あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
1

あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

1.主訴
顎関節痛/倦怠感、頭痛、食欲不振

2.患者樣
20歳代前半 女性

3.初診
2015年9月

4.現病歴と症状
1)1年前から、倦怠感と頭痛があり、食欲がなく、元気がでない、肩が凝る等の症状が出てきた。さらに、気分が落ち込む。心療内科に通院しているが、症状が全く良くならない。ずっと服薬している。
2)それに遡って、2年前から顎関節痛が起こり食べにくい。口を開けると顎関節が外れそうな感じがする。ガクっという音がして、顎がずれる。しかし、外れたことはない。大きい口を開けにくい。特に、歯をぐっと噛む癖がある。現在、矯正歯科では、就寝前にマウスピースを装着して顎関節痛を治療中だが、良くなっていない。
東洋医学の鍼で治したいと来院されました。

5.治療結果
(1回目)脈診と腹診、および問診等から体と病、および経脈十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の気の調整を行う治療を開始。病は「体質改善」して治すとよく言われます。病にはそれを引き起こす「病因」が必ずあり、それを治すことが「体質改善」です。症状が出てきたのは2年前の顎関節の異常からである。母親と一緒に来院されました。自分で運転することが怖い。
(4回目)体温が上がってきたような感じがあり、体が楽になってきた。食欲が出てきた。
(5回目)倦怠感と頭痛、肩凝りがなくなってきた。さらに食欲が出てきた。今日は、患者様一人で、車を運転して来院された。言葉もしっかり話され、体質が改善されてきたことがわかる。
(8回目)顎関節が痛くて発熱がある。37.5度。風邪ではない。
(10回目)顎を開閉すると、ガクっと音がして痛い。熱はもうない。

(11回目)気分が軽い。頭痛はもうない。薬はもう飲んでいない。顎関節の痛みはないが、まだガクっと音がして口を開けにくい。
(13回目)顎関節がガクガクいわなくなった。また、気分の落ち込みもなくなった。しかし、気力はまだ、回復していない。
(18回目)体調が良い。顎関節は、口を開けると外れそうな感じがあるが、以前より随分、良い。元気な顔つきになった。少し、ふっくらとしてような感じを受けた。「新しい就職先の正社員に内定が決定して嬉しい」と患者様。脈状が正常な状態に近づいた。
(19回目)「口を大きく開けても、痛みも外れそうな感覚もなくなった。日常、困る体調不良はもうない。」と患者様の言葉。脈状の変動が消えていた。治療を終了した。

 

「あん鍼灸院の治療方針」
「あん鍼灸院で治る病症」
「あん鍼灸院へのアクセス」
(遠方よりお越しの患者樣へ)


****************
 脈診調氣鍼法はり専門
 あん鍼灸院
 予約:087-887-1466
****************

| あん | 『眼・口舌・咽頭の疾患』 | 17:45 | comments(3) | - |
医師よりも丁寧に分かりやすく教えて頂きありがとうございます。まさに、天気のいい日はまぶしくてピントが合わないので見え辛いようです。息子は針を怖がっています。私も経験がないので怖いです。一度お伺いして、詳しく治療方針を教えて下さい。よろしくお願いします。
| emi | 2018/05/04 10:53 PM |
ご返事が遅くなりました。眼球に野球ボールが当たり、その外圧力によって瞳孔が開いたままになっている外因性の症状ですね。目を外から見ますと「虹彩」というカメラの絞りのような器官が見えます。これは、瞳孔の大きさを調節するものです。虹彩には2種類の筋が走っています。小型の筋肉が付いているとお考えください。光が目に入るとこの二つの筋のうち、「瞳孔括約筋」が反射的に収縮して瞳孔は小さくなります(縮瞳)。光が弱くなると筋が緩み瞳孔は開きます(散瞳)。これによって目に入る光の量を調整します。今は、この「瞳孔括約筋」が収縮できないのです。それで瞳孔が開いたままになっているので、眩しいし見え難いと思います。他の筋肉と同様に筋肉が収縮できないのです。
当院での治療は、まずは、これまでのこと、および他の症状などを聞かせていただくとともに、「脈診」で現在の「体をコントロールしている気というエネルギーの流れの変化」を診させていただきます。これは体から発している最も重要な情報です。この気の流れの変化を鍼で調整し、元の体質に戻します。戻れば、症状は回復し根本治癒します。全ての病は、この伝統的な東洋医学の治療方針に基づき、鍼はほとんど刺さないで行います。電流を流したり、深く刺して刺激する治療はしていません。よろしければ、ご来院ください。
| あん鍼灸院 | 2018/05/03 11:52 PM |
2週間前、中1の息子が、野球のボールが当たって、外傷性散瞳の後遺症が残ってしまいました。眼科ではほんの少し、光に反応すると言われました。あん鍼灸院さんに治療に行きたいのですが、どのような治療になりますでしょうか?よろしくお願いします。
| emi | 2018/04/30 12:23 AM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
    emi (05/04)
  • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
    あん鍼灸院 (05/03)
  • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
    emi (04/30)
  • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
    あん (08/30)
  • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
    りえ (08/28)
  • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
    あん (03/22)
  • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
    篠崎 (03/21)
  • 遠方からの患者様へ
    あん (06/10)
  • 遠方からの患者様へ
    シマ (06/10)
  • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
    あん (01/29)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE