あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と子宮内膜症」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< あん鍼灸院で『不妊症/双角子宮』が治った【治験例28】《自然妊娠》 | main | 謹賀新年 2016年 >>
あん鍼灸院で『膠原病』が治った【治験例1】
0
    あん鍼灸院で『膠原病が治った【治験例1】

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は症状と治療経過を中心に、詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    膠原病(全身性強皮症・原発性胆汁性肝硬変)
    全身の力が入らない、手足の力が入らず歩きにくい。

    2.患者様
    60歳代前半 女性

    3.初診
    2015年9月

    4.現病歴と症状
    1)6年前、手足の力が入らない、立つことができない、体がだるい症状が出た。それで病院へ行った。病院では「甲状腺機能低下症」と病名診断され、甲状腺ホルモンをずっと服薬中である。しかし、当初の血液検査では、甲状腺ホルモン量は正常値に近い値であった。この症状は少し緩解していたが、今年、同じ症状が再発した。
    2)そこで、3ヶ月前、再び病院に行った。血液検査の結果、『膠原病』と診断された。病名は、「全身性強皮症」と「原発性胆汁性肝硬変」である。薬はウルソデオキシコール酸(胆汁成分)を服薬している。体が少し楽になるが、症状は治らない。
    以下のごとく症状は多岐に分かれている。
    3)全身の力が入らない。特に手足の力が入らず歩きにくい。
    4)母指の第1関節、他の手指の第1、2関節が発赤し痛く、その第3関節も動かすと痛い。手指にこわばりがある。
    5)昨年と今年に、膝に嚢腫(嚢胞)ができて切除した。袋状の嚢で中に硬い物質が詰まっていた。
    6)両手首と両足首が痺れて痛い。特に右側の症状がきつく、手首は手の甲側、横紋(横皺)の中心が痛い。
    7)右目の奥が痛い。眼科では異常なしと診断されたが、依然、痛い。
    8)肝機能は正常で、肝硬変はない。しかし、γ-GTP(ガンマ・グルタミルトランスペプチターゼ;タンパク分解酵素)の数値が高い。
    9)食餌アレルギーがある。魚介類を食べると全身の震えと嘔吐、下痢が起こる。
    10)アレルギー性鼻炎がある。4年前、鼻腔をレーザー治療をしたが治っていない。
    11)花粉症がある。年中、くしゃみと鼻水が出る。
    12)左下肢に静脈瘤がある。5年前に右下肢の静脈瘤を手術で切除したが、今度は左足に再発している。
    13)息がしにくい。息が苦しい。
    このような背景のもと、病院の治療では良くならないので、鍼灸治療で治したいと来院されました。

    5.膠原病とは
    西洋医学では、「病気は特定の臓器が障害されて起こる」とする『臓器病理学』の考えが主流であり、病気の診断は臓器の病変に基づいて行われている。しかし、多数の臓器が同時に障害され、どの臓器が病変の中心であるのかを特定する事が出来ない病気があることに気づき、Klempererは、全身の「結合組織」が病変の主体である疾患群を「膠原病」(Collagen Disease)と命名しました。
    しかし、Klempererは「膠原病」が「診断名」として安易に使われ過ぎることを懸念しました。Klempererの意図したことは、病気の成り立ちについての考え方であり、決して疾患名、あるいは診断名を提供することではありませんでした。しかし、半世紀たった現在でも生半可で安易な「膠原病」という病名が堂々とまかり通っていることを考えるとKlempererの危具は当を得たものであったといえます。このような経過から、欧米では現在、「膠原病」の名称が論文や教科書で使われることはほとんどなく「結合組織疾患」や「リウマチ性疾患」の名称が多く用いられています。(引用;京都大学附属病院 免疫・膠原病内科ホームページ抜粋)
    わが国では、膠原病という言葉が汎用されており、いわゆる膠原病とその関連疾患の多くは、原因もわからず治療方法もないので、厚生労働省によって特定疾患(いわゆる「難病」)に指定され、公費補助対象疾患とされています。「難病情報センター」ホームページ特定疾患;「混合性結合組織病」「原発性胆汁性肝硬変」参照。

    一方、東洋医学は、臓腑を巡る、すなわち臓腑の恒常性(いつも変わらず健康であること)を支配する12経脈に流れる氣(エネルギー)の変動から病気が起こるとする。そして、気の変動は、脈を診て「どの経脈がどのように変動しているか」を知れば治療できるシステムになっている。東洋医学は、病名治療ではないので膠原病という言葉はない。全て一つ一つの症状として治療する。このような病気は、種々の症状、例えば全身の力が入らない、手指関節が痛い、両手首と両足首が痺れて痛い、膝に嚢腫(嚢胞)ができる、などの症状が一緒に発症していますので大変な病ではないかと思われがちです。しかし、一つ一つの症状を見るとそうでもないのです。病気には病因がありますから、東洋医学で的確な治療方針を決め丁寧に治療して行けば、症状は治ると考えます。

    6.治療結果
    (1回目) 脈診と腹診、および問診等から体と病、および十二経脈(氣、すなわち体表エネルギーが流注する経脈)の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の氣の調整を行う治療を開始。よく体質改善と言われますが、病気には症状の原因となる病因が必ずあります。その病因、すなわち経脈の氣の流注変動を治すことが治療の目標です。治療直後、鼻がスーッと通り息がしやすくなった。
    (2回目)両手首と両足首の麻痺したような痺れがなくなった。体に元気が出てきたと患者様。しかし、3日目には体がだるくなった。
    (3回目)便秘気味だったが治った。
    (4回目)両手首と両足首に力が入るようになってきた。手指の第1〜3関節の痛みが減ってきた。病院では、甲状腺ホルモン量を減量しようということになった。これは不要と考えられる。
    (5回目)鍼治療前は歩けないほどだったのに、何と1万歩の歩行ができるようになったとのこと。全身の力が復活してきた。しかし、散歩の距離が長すぎる。右目の奥の痛みがなくなった。手首と足首の痺れたような痛みは忘れるくらい無くなった。左足の静脈瘤が小さくなってきたと娘さんが驚いたとのことだった。患者様の見た目が変わり出した。
    (6回目)指の関節の発赤がなくなり、楽になってきた。
    (9回目)「体が嘘のように軽くて気持ちが良い」と言って帰られた。
    残念ながら、ここで中断された。治療を始める前に「脈の変動や乱れが無くなるまで、つまり、病が根治するまで治療を頑張って続けるよう」に伝えていましたが、守れませんでした。「体が嘘のように軽くなった」ので中断されたと思いますが、残念ながら、治療の途中で中止されましたので、症状が再発することはほぼ間違いありません。ただ、ご本人には治るんだという実感が伝わったものと思います。
    脈診で症状の治癒程度が解るものですから、最後まで治療をされる患者様が多くなりました。良い傾向にあると思っていますが、それだけに、この重症の患者様に分かっていただけなかったのは残念です。アレルギー疾患は、外因性の病で、この内因性の病の治験例とは別の治療を行う必要があります。したがって、2段階の治療となります。

    これらの治療は、当院の特異的な治療をしているわけでもなく、また、東洋医学から外れた独自の治療をしているわけではありません。伝統的な東洋医学に則った治療をしているだけです。これには東洋医学の凄さを感じます。

    以上、中断の治験例ですが、現代医学でいう”難病指定疾患”「膠原病」(正確には「結合組織疾患」や「リウマチ性疾患」)の全てというところまでは行っていないが、治るということをお知らせしました。
    以上
    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    「鍼の治療間隔と回数」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    ****************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
     香川県高松市上福岡町969−4
    ****************
    | あん | 『リウマチ・ヘバーデン結節』 | 23:37 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE