あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー・アレルギー疾患」 「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症等)」「眼・耳鼻咽喉・口舌の疾患」 「顔面神経麻痺」 「気の障害」「消化器・泌尿器の疾患」 「神経・関節の疾患」「心・血管の疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< あん鍼灸院で「足の母趾内側と小趾外側の神経痛」が治った【治験例】 | main | あん鍼灸院で『更年期障害』が治った【治験例7】 >>
あん鍼灸院で『手根管症候群(正中神経麻痺)』が治った【治験例】
0
    あん鍼灸院で’手根管症候群(正中神経麻痺)’が治った【治験例】

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    手根管症候群(正中神経麻痺)

    2.患者樣
    70歳代前半 女性

    3.初診
    2014年3月

    4.現病歴と症状
    1)2年半前から、右手の母指と他の指どおしを対立させ合わせる(輪っかを作る、OKサインを作る)ことができず、母指と示指で小さいもの、例えば、コインをつかむことが難しい。最初の病院では腱鞘炎と言われ、鎮痛剤を服用していた。しかし、治らなかった。
    2)母指球(母指の付根にあるふくらみ、母指対立筋や短母指屈筋など)が小さく萎縮し、平坦になっている。筋肉が少なくなっているために細かい作業ができない。
    (写真)萎縮した母指球


    3)現在の病院では、手術をするように何度も勧められている。しかし、この手術はしたくないので、鍼治療で治したいと来院されました。

    5.手根管症候群(正中神経麻痺)とは
    1)症状
    示指と中指を中心に痺れや痛みがでる。痺れは母指や薬指にでることもある。母指の付根のふくらみ(母指球)が萎縮し、痩せてくる。ボタンをかけるなど細かい作業ができなくなる。さらに、母指と他の指を対立する、例えば、OKサインを作ることができにくくなる。

    2)原因
    手掌(手のひら)の下端(手首ではない)に横手根靭帯(屈筋支帯)という板状の靭帯がある。この下には手根管というトンネルが作られている。その手根管の中を多くの腱と正中神経が通る。つまり、この腱と正中神経を守るために横手根靭帯(屈筋支帯)がある。しかし、以下に述べる原因によって、手根管の中で正中神経が圧迫されて神経障害が起こり、1)の症状が起こる。

    横手根靭帯(屈筋支帯)が正中神経を圧迫する原因は、
    A.東洋医学
    横手根靭帯(屈筋支帯)に陽のエネルギー(求心力)が働き、それが収縮する。それによって正中神経が圧迫される為に起こる。その原因は、全身を流注するエネルギー、すなわち気の変動による。
    B.現代医学
    手首の使い過ぎとし、原因不明としている。

    3)治療
    A.東洋医学
    鍼灸経絡治療では、陽のエネルギーの求心力に対して陰のエネルギーである遠心力によって、横手根靭帯(屈筋支帯)を緩め、元に戻します。その方法は、経絡の気の変動に対して、気の調整を施します。手根管は元の状態に戻り、正中神経も元に戻ります。
    B. 現代医学
    横手根靭帯(屈筋支帯)手根管開放術という手術で切ることによって、手根管トンネルを開き、圧迫を取ります。しかしながら、手根管が開放されるので、横手根靭帯(屈筋支帯)が腱や神経を防御する機能は失われます。

    6.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。変動経絡の気を調整した。右手母指球が萎縮し、ボタンをかけるなど細かい作業ができない。さらに、母指と他の指を対立することがうまくできない。これを解決することが、まず、最初である。
    (5回目)右手の母指と他の指を合わせ、力を加える対立運動のリハビリをするようにした。なかなか、うまくできず、もどかしいようだ。リハビリによって母指球をふっくらと復元する。同じ方針で治療した。
    (8回目)ボタンが以前よりうまく掛けられるようになった。対立運動を素早くできるようになってきた。
    (11回目)対立運動がし易くなってきた。力をグッと加えることができる。服のボタンもうまくかけれるようになってきた。
    (12回目)右手の母指と他の指を順にパッと素早く対立するように運べるようになった。
    (13回目)少しだが母指球の筋肉が付いてきた。
    (15回目)対立させる力が、かなり強くなってきた。脈の変動がすべてなくなった。平常状態になったので治療を終了した。母指球復活のためにリハビリは続ける。治癒。
    以上
    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    *****************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
     香川県高松市上福岡町969−4
    *****************
    | あん | 『神経痛・関節疾患』 | 23:52 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE