あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・月経異常などの婦人疾患」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面・筋などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・躁鬱病・パニック障害」「潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< 『自然妊娠できない』【治験例14】《自然妊娠》|あん鍼灸院 | main | 『顔面麻痺(末梢性)』【治験例4】|あん鍼灸院 >>
『自然妊娠できない/排卵障害・卵管狭窄』【治験例15】|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病を根本から治すことが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

    1. 主訴
    不妊症/排卵障害・卵管狭窄

    2.患者様
    30歳代後半

    3.初診
    2012年9月(妊娠;2013年1月)

    4.現病歴と症状
    1)3年前、自然妊娠をしたが、7週目で流産した。心音がわかる成長まで至らなかった。
    2)翌年の1年間は妊娠ができず、病院で不妊治療を開始した。半年間、治療をした。両側卵管の詰まりがあると診断されている。その後、体外授精を3回、行ったが、妊娠することはできなかった。
    3)生理周期は24〜28日である。基礎体温曲線は正常である。病院では子宮内膜が厚くならないと言われている。
    4)翌年、病院を変更した。エコー検査から「子宮線筋症」の疑いがあると診断された。10代の頃、生理時に激しい腹痛があった。しかし、現在は生理、排卵時の痛みはない。
    5)排卵がうまく行われていない
    6)眼の充血が以前からある。
    7)冷え性、異常な発汗はない。
    8)瘀血がある
    病院での不妊治療と並行して、当院で鍼灸治療をしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診、切診等から体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。脈診でわかったことは、この患者様は、からだ全体に求心エネルギー(外から中心に働く力、陽のエネルギー)が作用している「体質」に変化していることです。その時期は、かなり以前に遡るものと思われます。器官や臓器には、その中心に向かって求心力(陽の力)が働いているので、それを治療することで、はじめて妊娠ができると判断しました。この患者様の場合、この原因による最大の症状は『排卵障害』『卵管狭窄』です。体外授精胚移殖の場合、これらの治療は無意味と考えてしまいがちですが、「体質」の変動によって多くの機能がうまく働かず、妊娠は難しい。
    (2回目)鍼治療は求心エネルギーを緩める治療を行った。また、自宅での灸治療を加えた。
    (3回目)継続治療。排卵があった。しかし、排卵し切れていないことが病院の検査で分かった。排卵は、卵胞が遠心エネルギー(中心から外に働く力、陰のエネルギー)によって破裂し卵子が外に飛び出すことです。求心エネルギーが働いている体質の場合、これがなかなかできないのです。
    (5回目)病院で採卵することになり、排卵誘発剤を注射しだした。疑いのある子宮線筋症について、病院ではそのまま放置しておくことになった。病院では治療の方法がない。鍼治療は、その原因を治すことによって根治することができる。治療方針は、継続した。
    (7回目)継続治療。病院で採卵した。5個授精し胚盤胞で凍結保存した。今回、内膜の厚さは6mmで、服薬していないときの方が8mmと厚かった。今回、移植は中止した。
    (10回目)病院では服薬開始。妊娠後の食養を指導した。
    (11回目)病院に往き、胚移植の段取りを決めようとしていたが排卵していた。排卵がきちんとできる体質に変わってきた。内膜の厚さは、8.6mm。十分な絨毛組織の厚さと思う。移植は、次回の生理後に実施することになった。
    (12回目)瘀血が無くなった。さらに鍼灸治療の効果が現れてきた。胚移殖の準備が整った。
    (14回目)病院で体外授精胚移殖をした。内膜の厚さは移植5日前で8.2mm。
    (16回目)病院で妊娠判定があり、陽性であった。不安感がなくなっていると患者様が感じている。
    (17回目)6週目。胎嚢は2.2cmであった。
    (18回目)9週目。出血があった。絨毛内の出血であった。
    (19回目)出血が止まった。ようやく脈が良い方に変化した。本来は脈が変わり、体質が正常状態になった後、自然妊娠を目指したり人工授精や体外授精胚移植を行うことで、自然妊娠を含む妊娠結果がすこぶる良くなる。当院はその方針ですが、この治験例では少し後になった。しかし、排卵障害や瘀血は治癒していたので、体質はほぼ改善され妊娠できたものと考える。卵管狭窄については病院で調べていないので、治癒しているか不明です。しかし、鍼灸での治療結果を診る限り、締まった卵管が緩み、卵が通りやすくなっていると推測します。
    (21回目)16週目。治療終了。出産予定日は今年9月である。

    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ】
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    *************
     脈診流調氣鍼法はり専門

     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    *************

    | あん | 『自然妊娠できない』 | 11:41 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE