あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症などの皮膚疾患」「花粉症などのアレルギー疾患」 「自然妊娠できない」「子宮内膜症・月経異常などの婦人疾患」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・咳・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面・筋などの麻痺・痙攣疾患」 「鬱・躁鬱病・パニック障害」「潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群などの消化器疾患」「バセドウ・橋本病などの甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の《根本治癒》を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院のコンセプト、理念、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087-887-1466にどうぞ。
<< 『卵巣嚢腫』を”あん鍼灸院”で治療しよう | main | 『自然妊娠できない』【治験例12】|あん鍼灸院 >>
『自然妊娠できない』【治験例11】≪自然妊娠≫|あん鍼灸院
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、さらには生気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    患者様への1回1回の治療に東洋医学の戦略と戦術を注ぎ込みます。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。
    なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

    1. 主訴
    不妊症

    2.患者樣
    30歳代後半

    3.初診
    2012年3月

    4.現病歴と症状
    1)5年前から病院で不妊治療をしている。翌年、自然妊娠をしたが流産した。
    一つ目の病院ではホルモン治療をした。二つ目の病院でも同様だった。三つ目の病院では、タイミング治療と人工授精を行った。その人工授精で妊娠の陽性反応が出た。しかし、不正出血で子宮外妊娠が疑われるとのことで、県立の病院を紹介された。四つ目の県立の病院で腹腔鏡による診断を受けたところ、子宮外妊娠ではなかった。このときも流産をした。この病院では、
    2011年から2012年まで人工授精をさらに3回、体外受精移植を2回行った。しかし、妊娠はできなかった。
    2)病院では、多嚢胞性卵巣症候群、および高プロラクチン症と診断されている。自然排卵がある。子宮内膜が薄いという。
    3)めまいが、年1回くらい起こる。
    4)生理の前に下痢がある。
    病院での不妊治療と併行して、当院で鍼灸治療をしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診等から治療方針を決定。鍼で全身の経絡調整を行い、治療を開始。
    (2回目)自宅での灸治療を加えた。
    (3回目)昨日、めまいがあり眼を開けられないくらいに周りが回転し気分が悪くなった。しかし、横たわると治まる。夜から朝にかけて起こった。
    (5回目)本日の治療の前日、下痢があった。前々日に排卵があったようだ。めまいは治った。
    (8回目)基礎体温が安定し、高温期と低温期の差がはっきりしてきた。前回排卵後の帯下が出ていない。しかし、排卵後4〜5日間、下痢(水様便)があった。病院には鍼灸治療の開始からまだ行っていない。めまいは起こっていない。
    (10回目)生理前、排卵後の下痢がなくなってきた。
    (12回目)生理があった。生理前の水様の下痢が全く消えた。
    (13回目)病院で体外受精移植をすることになった。服薬開始。
    (15回目)病院で検査。子宮内膜が5ミリ程度にしか厚くならず、移植を中止した。そのとき、内膜が白くなっていると言われた。鍼灸の治療方針を少し変えた。治療のこの日、生理が起こった。
    (17回目)8/5、排卵があった。前回生理から13日目。
    現在、薬を飲んでいない。帯下が多かった。子宮あたりが「ジリジリ」するとのこと。これまでの患者様の経験では、内膜が厚くなるときには排卵前に「ジリジリ」していたとのことでした。当院から「これで妊娠すると、自然妊娠ですね」と話した。
    (19回目)排卵から20日目、病院検査で妊娠反応が+胎嚢が8.1mmと確認でき、心臓も大きくなっていると診断された。「自然妊娠した」。患者様は驚いていました。ドクターも「何度も人工授精や体外受精移植をやってきて、さらには最近では体外受精移植のできる段階まで行かなかったのに自然妊娠したとは」と驚いていたそうです。
    (20回目)その後、「心音が確認できた」。
    唐.jpg
    【超音波写真】
    (24回目)赤ちゃんが3cmになった。15週まで治療を続けることにした。腰が痛い。立ち上がったときにふらつきがある。お腹が張る。病院で卵巣が腫れていると言われた。腹水をとる治療も行った。
    (25回目)お腹の張りはなくなった。卵巣の腫れはなくなったようだ。赤ちゃんは5cmに成長している。
    (27回目)治療最終日。脈は良い状態になっている。妊娠5ヶ月を過ぎたら施灸を開始するよう伝えた。これによって、安産灸になるし逆子も防ぐことができる。妊娠時に赤ちゃんに話しかけると頭のいい子ができるそうですと伝えた。

    なお、当院では元気な赤ちゃんを生むために毎日の食事にも注意して生活をするよう、妊娠期のどの段階でどのようなものを食べたら良いのかを指導しています。

    一般的に妊娠確定後、12週〜20週目位までの鍼灸治療をお勧めしています。さらに、患者様のご希望があれば20週目以降の安産治療も行っています。あん鍼灸院は妊娠中毒など母体の健康のために、そして安産のために鍼灸治療を行います。

    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例まとめ】
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
    『不妊症』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その3)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    「鍼の治療間隔と回数」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)

    *************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    *************

    | あん | 『自然妊娠できない』 | 14:25 | comments(0) | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      あん (06/11)
    • 『緑内障・白内障』【治験例1】|あん鍼灸院
      aya (06/10)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (05/04)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      あん鍼灸院 (05/03)
    • 『顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振』【治験例】|あん鍼灸院
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      あん (03/22)
    • 『難聴・耳鳴り・耳閉』【治験例3】|あん鍼灸院
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE