脈診あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症等)」 「爪甲剥離症」 「顔面神経麻痺」 「気の障害」 「免疫・アレルギー疾患」 「ヘバーデン結節症」 「耳鼻咽喉・口舌・眼の疾患」「消化器・泌尿器の疾患」 「神経・関節の疾患」「血管の疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例9】 | main | あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例10】≪自然妊娠≫ >>
あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善” するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て、「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと)をする治療をしています。患者様への1回1回の治療に治すための戦略と戦術を注ぎ込みます。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

    1.主訴
    耳鳴り・耳閉・難聴

    2.患者樣
    40歳代後半 女性

    3.初診
    2012年5月

    4.現病歴と症状
    1)風邪をひいて10日後、夜中に右耳が痛くなり、脈動している「耳鳴り」と「難聴」が起こった。その後、痛みは消えたが、耳が詰まったような「耳閉感」がある。右耳が聞こえにくい。さらに、左からの声が、遅れて右から聞こえてくる(「音が二重に聞こえる」)。
    2)病院に通院したが、全く治らない。
    3)前頭部に頭痛がある。前頭部の右側が脈動にあわせてズキズキ痛む。耳下も痛い。
    4)吐き気がある。
    5)動悸がある。
    このような背景のもと、鍼灸での治療をしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)脈診、腹診などから治療方針を決定。治療を開始した。
    (2回目)前回治療の夕方から頭痛がなくなった。ついで吐き気も消えた。耳が詰まったような耳閉感がある。しかし、咳と痰が出始めた。
    (3回目)痰がとれないので治療方針を変更する。唾液を飲み込むとガサガサという音が発症以前からずっとしている。耳の詰まりがまだあり、会話は耳の中でこもっている感じがする。
    (4回目)咳と痰がなくなった。右耳は低音が聞こえにくい。
    (6回目)脈動する耳鳴りが消えた。たまに、耳の詰まりが通り、普通に音が聞こえるときがある。
    (8回目)耳の詰まりが軽くなり、詰まっている時間も短くなった。
    (9回目)症状は、患者様の感覚では当初の約20%になったとのこと。脈が変化した。
    (10回目)治療後は2、3日、症状がないことが多い。状態は良い。しかし、耳が詰まったような耳閉感がたまにある。唾液を飲み込むとガサガサという音は小さくなった。
    (11回目)「治ったんですよ」と患者様からの声。前回の治療から2〜3日間は耳の詰まり感があったが、その後、「耳鳴り」「難聴」「耳閉感」「音が二重に聞こえる」、すべて消えていることに気がついた。
    治癒(終了)

    「耳鳴り」「難聴」「耳閉感」「音が二重に聞こえる」は、現代医学ではなかなか治せない病です。内耳のリンパ液の液性(音をリンパ液の振動に変換して聴神経に伝達する仕組み)が変化することで、このような症状が起こると考えられています。その為には、現状の体質を改善して体液やリンパ液の変性を正常な状態に戻すように鍼灸治療をすれば病気は治ります。体全体を理論的に経絡をもってネットワーク化し、そのネットワークによって個々の病気を治してゆく東洋医学鍼灸術で元気な身体に戻りましょう。


    あん鍼灸院で『耳鳴り・耳閉』が治った【治験例1】
    あん鍼灸院で『耳鳴り・耳閉』が治った【治験例2】
    あん鍼灸院で『耳鳴り・耳閉』が治った【治験例4】

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    「鍼の治療間隔と回数」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)

    **************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予 約:087-887-1466
    **************

     

    | あん | 『耳・鼻の疾患』 | 11:24 | comments(2) | - |
    治療に遅いということはありません。
    よく知られていないのですが、東洋医学は、診断法がたいへんシステム的です。四診法といって、望診(視覚でする診察)、聞診(声や匂いを聴覚や嗅覚でする診察)、問診、そして脈やお腹を診てする切診という診断法があります。これらは、患者様の体全体を診断し、それが終わると治療方針が必然的にでるシステム医療です。病名とは関係なく、治療方針がでます。一方、現代医学は、分析機器で検査し、それに基づいて診断します。一見、システム的だと思ってしまうのですが、実際は、その診断結果が、治療方針に結びついていないのです。耳閉が耳管の問題と分かっても、耳管をどのように治すかに結びつかないのです。東洋医学では、こういうことがないように先人たちが三千年以上前から診断法を考え抜いてきました。残念ながら、すべての鍼灸院が、こういう診断法を駆使して治療をしているかは疑問が残ります。一度、来院されて診断と治療を受けてみて下さい。耳閉といっても、その治療方針は一つではなく複数あり、診断結果によって異なります。
    | あん | 2015/03/22 1:19 AM |

    HPを拝見させていただきました。耳閉感が半年つづいています。病院、針灸院と今も通っていますがまだ効果がありません。針灸院によって治療方法は違うかと思いますが、これからあん針灸院で治療をしようとしても遅くはないでしょうか?
    | 篠崎 | 2015/03/21 8:24 PM |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    • 遠方からの患者様へ
      シマ (06/10)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (01/29)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE