あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と子宮内膜症」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例8】 | main | 近所の木(2012);ねむの木 >>
あん鍼灸院で『子宮内膜症・卵巣嚢腫』が治った【治験例1】
0

    あん鍼灸院で’子宮内膜症・卵巣嚢腫’が治った【治験例1】

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために「気の補瀉」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、さらには気の滞りを流すこと)を中心とする治療をしています。患者様への1回1回の治療に、治すための戦略と戦術を注ぎ込みます。

    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。治験例は、これから治療をお受けになる患者様に治療経過のイメージがわくように構成します。

    なお、内容については、個人情報保護法を遵法します。

    1.主訴
    子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)*・卵巣嚢腫**(良性)

    2.患者樣
    20歳代後半 女性

    3.初診
    2011年9月

    4.現病歴と症状
    1)2年前から、「子宮内膜症」が左卵巣に発症している(卵巣チョコレート嚢胞ともいう)。かつ、卵巣内に良性の腫瘍があり、「卵巣嚢腫」と診断されている。特に1ヶ月前から肥大してきた。来院時、卵巣は通常の大きさが直径7cm(MRI測定)になっていた。当時、投薬で月経を止めて痛みを防止していた。したがって、妊娠はできない。3つの病院に通院していたが、特に子宮内膜症に対する有効な手段はないようだ。一つ目の大学病院では、卵巣嚢腫は専門病院に行くよう二つ目の病院を紹介。二つ目の病院は流産を繰り返している人はそれを治してと3つ目の病院を紹介した。3つ目の病院がすべてを引き受けた。薬を服薬しているが、生理を起こさせない目的のものであって患部は良くなっていない。
    患者様は、これらを治した後に妊娠を望んでいる。この症状があると妊娠しにくい。
    2)腰痛がある。左足下腿内側、および母趾両側に痺れがある。
    3)背中が痛い。
    4)頭痛がある。
    5)子宮位置が前傾前置と診断されている(超音波診断)。
    このような背景のもと、鍼灸での治療をしたいと来院されました。

    *「卵巣チョコレート嚢胞」;子宮内膜細胞が卵巣内で増殖するために、生理の度に剥離出血をして痛みが襲う症状を卵巣チョコレート嚢胞という。卵巣内で出血をするので卵巣内に血液が溜まり、腫脹する。不妊症の一原因である。
    **「卵巣嚢腫」;卵巣内の腫瘍のことで良性と悪性がある。この患者様は良性の卵巣嚢腫であった。

    5.治療結果
    (1回目)脈診、腹診、問診などから治療方針を決定し、経絡治療の本治法(脈から読みとった変動している経絡に対して、気血を調整し体質を改善する鍼治療)を行う。
    (2回目)同じ方針で治療を続けた。以下、毎回同治療。(病院)黄体ホルモンの受容体に選択的に作用し、女性ホルモンの分泌を抑える薬を服用。この後、中止した。
    (3回目)(病院)卵巣嚢腫の参考データである腫瘍マーカー値(CA19-9)が高い。220U/ml。
    (7回目)背中の痛みが無くなった。今後、鍼治療に加えて、自宅で灸を行うこととした。
    (10回目)(病院)検査で、卵巣の通常の大きさが直径7cm(MRI測定)から5.7cmに小さくなった。さらには、腫瘍マーカーCA19-9値が96U/mlに低下した。子宮位置が前傾前置と診断されているので、今後、骨盤調整を行う。
    (14回目)ここで脈が良い方向に大きく変わった。治療方針を変更。
    (16回目)卵巣の通常の大きさが3cmになり、さらに縮小した。数日前、病院で卵巣内を吸引洗浄し血液等を洗い流した。その時の検査では、卵巣内の腫瘍が無くなっていた
    (18回目)病院での腫瘍マーカーCA19-9値がさらに34U/mlに低下した(正常値は37U/ml以下)。
    ここで子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞)・卵巣嚢腫(良性)の治療を終了した。病院でもほぼ治癒と診断した。治療は継続し、妊娠の準備に入った。尚、妊娠結果については下記リンクを閲覧ください。

    あん鍼灸院で『不妊症』が治った【治験例10】

    婦人病の「子宮内膜症」は、本来は子宮の内側にしかない子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖と剥離出血を繰り返す病気です。「子宮内膜症」は、月経がある女性の約10%に存在し、痛みによって女性のQOL(生活の質)を著しく阻害する。また、患者の30〜50%が不妊症といわれる。「子宮内膜症」の詳しい発症原因は分かっておらず、リスクは月経の回数が多いほど高い。初潮が早まり、かつ出産回数が減少した今の女性は、生涯の月経回数が昔の女性に比べて9倍の450回に及ぶ。しかし、閉経すれば、内膜の増殖と出血剥離はなくなるので、現代医学では閉経まで我慢する病気と位置づけられている。(四国新聞)

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)

    **************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予 約:087-887-1466
    **************

    | あん | 『不妊症・子宮内膜症』 | 19:13 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE