あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と子宮内膜症」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
<< ギョ!毒毛虫? | main | 干し柿は陽の食べ物、身体が温まる(その1) >>
『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
0

     15年程前に手の爪が徐々に剥がれてきました。最終的には爪半分が剥がれて、これは何じゃー。
    ヒェー! 爪水虫やガンジダ菌かも。やばい!
    でも、周囲にはそれに罹っている人はいません。
    この時、私はまだ鍼灸師ではありませんでした。

    私の以前の指;爪の上面1/3が剥離

    さっそく、大学病院へ検査に。爪の下の組織を採取し、培養。しかしながら、水虫菌ではないという菌検査結果でした。その上、病名も原因も分からず「治療法はないので様子を見てください」ということでそのまま帰えされました。薬はビタミンHでした。その先生は、有名な皮膚科の先生です。この時思ったものです。「この症状に治療法はないんだ。」この症状は、後ほど『爪甲剥離症』と分かりました。

    菌が原因であれば、抗菌剤が一番と思います。そうでないとすれば、手の打ち様がなく困っている人がたくさんいると思い、インターネットで調べたら、あるはあるは。しかし、その治療法はありませんでした。そのため、ずっと、10年余り、この状態でなだめながら過ごしてきました。ひどいときは爪の半分まで剥がれていました。
    ですから、爪を使う仕事や動作ができない、無理に行うと、パリッという感じでもっと剥がれてくる。土が大敵です。爪と爪床(爪の下にある血管に富む柔らかな層)の間に、土が入ると症状がすぐに悪化します。土壌菌によるものと考えます。庭仕事や草抜きが発端となることがあるようです。なんといっても、人前でどうしても指が見える場面がありました。このとき、そっと隠してしまうのです。つまり、身体に大きな影響はないが、日常困るのです。特に女性は深刻で、マニキュアで隠していると思います。

     

    この症状、鍼を使って自分で治療をしました。自分の身体には鍼をしにくいので苦労しました。あれこれと工夫し約3ヶ月間、治療。治りました。うれしかった。治れば、再発しません。爪甲剥離症は治ります。当院の患者さんは、平均して約4ヶ月位で治癒しています。
    私の今の爪;異常なし

    では「爪甲剥離症」について、お話しします。


    1.爪の構造と爪甲剥離

    (引用;gooヘルスケアより)

     

    1)爪の構造

    爪部は「爪甲」という。爪の根元「爪根」の皮膚が覆う爪部を「爪母または爪母基」という。ここでは、爪の細胞分裂が盛んに起こり、爪は先の方に成長してゆく。「爪半月」は細胞がまだ若く組織が規則正しく整列していないので爪が白く見える。「甘皮」と呼ばれる「爪上皮」は、爪甲の上面と皮膚を隙間なく接着して細菌やウィルス、汚れの侵入を防いでいる。爪先の下にある爪と皮膚(角質層)の間を隙間なく埋めているところを「爪下皮」という。「爪甲」自体は、その下にある毛細血管をもつ「爪床」という組織間で接着していて薄桃色に見える。
     

    2)爪甲剥離

    爪甲と爪床間は、コラーゲン線維で固く接着しているが、そのコラーゲン線維の架橋という接着性能が低下すると簡単に剥離する。ここに隙間ができ、爪床部は硬く角質化し、爪は白く見える。これが『爪甲剥離』です。

    この爪甲剥離症状は、患者様の体質の変化、すなわち病を反映している。「体質変化が起こっているよ、病に気をつけなさいよ」という最初の信号です。爪は体質の変化を端的に現し、爪の変形(巻爪や凸凹、横縞や縦縞、スプーン状)や変色(黒や黄色、白色)、爪の剥離、強度の低下(もろくなる)などを呈する「病の情報発信器官」なのです。私たちは、患者様の手足の爪や指の状態を必ず診て、体の変化を察知します。それらと他の症状、脈診を持って、東洋医学の枢軸である陰陽五行論に基づき、体質変化を治療する方針を導きだします。


    2.治療方針
    「あん鍼灸院」では、これまでの臨床成果から積み上げた治療方針で『爪甲剥離症』を治療します。下記の治験例をご覧頂ければ、その治療効果が分かると思います。病院で治らなかった『爪甲剥離症』が治ります。
    当院の治療は、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    人の体は、宇宙の仕組みが組み込まれていて、あたかも小宇宙のごとく体の体表や体内にエネルギーが流れています。これを『気』と言います。気は五臓六腑、そして、すべての器官(もちろん爪や皮膚)に注ぎ込んで制御しています。私たちの体が健康であるのは、この制御がうまくいっているからなのです。この「エネルギーの流注」、つまり『経絡』に異常が起きたときに、体は不調を訴えます。これが病気の「原因」です。これを鍼で調整し、元の状態に戻します。それが鍼治療です。鍼にはいろいろな治療がありますが、3千年から4千年前に研究、完成した気の調整を枢軸とする伝統的鍼術が、その効果から現在にまで受け継がれてきました。これが最も有効と実感します。

    病気は、何々成分の異常とか、神経伝達物質の欠如とか、老化とか、精神的ストレスとか、遺伝と言われますが、東洋医学を駆使して病を治療してみると、そういうものでないということが分かってきます。体の恒常性、つまり、いつも元気に動けるように保たれている仕組みが、体表や体内をめぐるエネルギー、すなわち気の流れであることを実感します。そして、そのエネルギーの流れの乱れを修復すると、病は根治します。さらに、再発しません。
    気というエネルギーの流れが、体のシステムをコントロールしていることが端的に分かることがあります。何らかによって残念ながら脳死した患者様は、現行医療上、死亡と判断されます。しかし、 五感を感受したり思考や運動はできませんが、体の機能、つまり心臓や肝臓や眼や耳は正常に動いています。それで、現代医学では臓器の移植を行っています。
    このことから、「体」は「脳」とは別の仕組みであると分かるのです。体は脳の支配下ではないのです。「別の恒常性システム」が人体にあるということなのです。体の不調は、この別の恒常性システムである「エネルギーの流を調整することで、体の健康が蘇ります。

    3.治療期間
    治療期間は個人差があります。爪が生えかわる時間、すなわち剥離の程度によって4〜5ヶ月をみてください。15回から25回程の治療が最低、必要です。治療頻度は、1週間に1度が適当です。治療間隔が10日を越すと、爪の症状が逆戻りをすることがあります。

    4.治験例
    あん鍼灸院で『爪甲剥離症』が治った【治験例まとめ】

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)

    **************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    **************
    | あん | 『爪甲剥離症』 | 10:43 | comments(25) | trackbacks(0) |
    りえ様
    長い間、爪甲剥離症に悩まされているとのこと、御苦労されていることと思います。
    残念ながら、全国で、爪甲剥離症を扱っている鍼灸院を存知あげていません。また、その治療の研究をしているということも聞いたことがありません。爪甲剥離の原因は多くありますが、一つの原因は爪甲剥離だけを発症しているわけではなく、他の症状も引き起こします。原因をずっと放置いたしますと別の症状も起こることがあります。これが心配です。地元の鍼灸院に治療できるかをお聞きください。
    | あん | 2015/08/30 12:12 AM |
    はじめまして、夏になると爪の半分が白くなりはがれてきます。もう何年もです。
    皮膚科で爪を深く切ってもらい塗り薬を塗ったりしますが、また次の年になると再発します。
    紫外線が原因と言われたこともあります。
    秋になると自然にもとに戻ります。
    宮崎県に住んでおります。良い治療院はありませんでしょうか?
    | りえ | 2015/08/28 11:33 AM |
    とも様
    難聴を8年くらい前に気づき、現在、補聴器が必要となり少しづつ進行している様ですね。
    現代医療は病名治療ですので、病名が診断されてはじめて治療法が分かります。すなわち、難聴と診断されると大体、決まった薬が処方されます。
    東洋医学は随症治療で、症状に対して治療を行います。それには、主に脈を診て治療法(方針)を決定します。すなわち、耳が聞こえにくいという症状に対して、患者様の脈をみて治療方針を決めます。したがって、患者様によっては治療方針が違うのです。治療方針は、ほぼ3もしくは4通りあります。さらには、耳が聞こえにくいという症状に加えて、他の症状があるはずです。他の症状が何もなければ、逆に治りにくいかもしれません。
    このような理由で、一度、診断させて頂きたいと思います。どのように治ってゆくかが、それで分かると思います。時間をお取りになって、ご来院ください。
    | あん | 2014/01/29 12:11 AM |
    はじめまして
    36歳で徐々に、聴力が落ちています。
    気づいたのは8年くらい前で、それから妊娠、出産し、補聴器が必要になりました。現在も少しづつ進行している状況です。
    見込みはありますでしょうか。
    | とも | 2014/01/28 12:50 PM |
    中西様
    ご質問にお応え致します。「扁平苔癬」は、平らに盛り上がった皮疹が、四肢や体幹の皮膚だけでなく口腔内や陰部などの粘膜にも生じ、また爪にも変形が見られることもあります。その原因は、現代医学ではわかっておらず、根治できる治療方法はありません。
    「扁平苔癬」は、「爪甲剥離症」と爪(爪甲)の状態が違っている症状です。爪が破壊している方もいます。これを当院で治療をしたことはありません。
    しかし、当院の鍼灸治療は、体のエネルギーの流注を治す医療で、脈を診て(脈診という)治療方針を決定します。したがって、脈診をさせて頂ければその治療方針が決まると思われます。8歳になられているので成人と同じように治療ができます。よろしければ、一度、ご来院ください。
    あん鍼灸院
    | あん | 2014/01/27 1:51 AM |
    子供の爪の扁平苔癬にも効果はありますか?
    現在8歳ですが、4歳になる頃から手とあしの爪に症状が出ています。
    よろしくお願いします。
    | 中西 | 2014/01/26 11:52 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/08/26 3:00 PM |
    爪甲剥離症でお困りのようですね。爪が剥がれてくる病気ですが、それ以外、痛みがあるわけではありません。しかし、体質が変化してそのようになっていますから、それが原因で別の形で症状が出ていることがあります。したがって、治しておいた方が良いでしょう。大阪近辺で爪甲剥離の治療をしている鍼灸院は存じ上げていません。私が知る限りではないようです。爪甲剥離症は完治しますと再発しません。患者様も再発していません。しかし、長い間に、食べものや環境によって、この体質に変化しますと再び、爪が剥離することは考えられます。
    | あん | 2011/08/20 4:35 PM |
    おそらく爪甲剥離症だと思います。ジェルネイルをしてからの発症です。大阪で治療出来る所はありますでしょうか?一度、完治したら再発はないのでしょうか?
    | みほ | 2011/08/17 9:55 PM |
    長い間、爪甲剥離症に悩まされているとのこと、御苦労されていることと思います。東京から当院は大変、遠いですが、出張や旅行の際に当院に来られる方が現在、いらっしゃいます。しかし、まだ結果は出ていません。
    治療頻度と成果の問題ですが、月1回だけでは成果は出にくいと思います。しかし、ブログに書いてあるように2日連続の治療は、成果が出るかもしれません。月1回で連続2日の治療を行ってみるのも、試験的ではありますが価値はあるかと思います。ご一考下さい。
    | あん | 2010/09/21 11:37 AM |
    東京都に住む36歳男性です。爪甲剥離症になって23年です。過去に皮膚科にもいきましたが原因わからず・・・爪にコンプレックスを感じながら生活してきました。近藤先生のホームページを運良く見つけましたが距離的に通院は難しいかなとも感じます。しかしどうしても治したいのです。月一くらいなら・・・とも思うのですが私は爪甲剥離症を治すことはできないでしょうか?アドバイスお願いします。
    | 岡田 啓介 | 2010/09/21 12:32 AM |
    長い間、爪甲剥離症に悩まされているとのこと、御苦労されていることと思います。
    残念ながら、治療をしているという鍼灸院を存知あげていません。また、治療の研究をしているということも聞いたことがありません。お使いの爪用の軟膏はおそらく、ステロイド剤、もしくは爪水虫薬ではないかと推測します。それならば、効果はありません。
    注意すべきことは、できるだけ素手で土を触らないこと、物理的にすぐ、爪が剥がれてしまうので爪を何かに引っかけないように短く整えておくことが大切です。
    お力になれず、すみません。
    | あん | 2010/03/30 3:48 PM |
    63歳の男性です。
    私も長い間(7年〜8年前から)、爪甲剥離に悩まされ続けています。何件もの皮膚科に行きましたが原因不明、当然のことながら治療方法もなく、せめて爪に似るクリームが渡されるくらいで、一向に改善しません。鍼灸院で完治するならと藁おも縋るる思いなのですが、埼玉県からの通院はあまりにも遠すぎます。近くの脈診経路治療の鍼灸院を紹介頂くことは可能なのでしょうか?また取り敢えず電話ででも相談に乗って頂けないでしょうか?(電話する時間としては何時頃がよいでしょうか?)
    | | 2010/03/29 3:35 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/10/04 8:54 AM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/10/02 5:42 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/10/02 3:30 PM |
    東京は、遠いですね。月2回が精一杯でしょう。近郊の県の方は、週1回の治療をしていらっしゃいますが、東京となると遠いですね。一度、お電話を下さい。治療について、一緒に考えましょう。
    | あん | 2009/08/08 6:27 PM |
    東京からなのですが、月に一回もしくは隔週での治療では効果は薄いでしょうか?
    | もん | 2009/08/07 7:11 PM |
    爪甲剥離症の方は、爪と爪床(爪の下の皮膚)の間にいろいろなものが入り、それが刺激となって症状が悪くなります。特に、身近なものでは土壌です。おっしゃるとおりです。庭の手入れや仕事で土を触ってしまいますと土壌菌が入り、そこから剥離が起こってきます。したがって、土壌を触らないようにすることが予防になります。必ず、手袋をする、触ったならば爪の下を強いシャワーで洗い流すことが大切です。爪が元に戻れば、案外、土も大丈夫です。
    | あん | 2009/08/07 9:38 AM |
    私も長い間、爪甲剥離に悩まされ続けています。  鍼灸院で完治するなら、すぐに飛んで行きたいですが現実的にはあらゆる条件から難しいのです。
    なるべく近い脈診経路治療の鍼灸院を探していますが…。  原因不明の爪甲剥離しか治療対象にならないんでしょうか?     私の場合、泥水などの中にある菌に爪が負けてしまいます。このようなタイプでも治るのでしょうか?
    | ジャッキ | 2009/08/07 1:41 AM |
    爪が剥離したとき、「爪の下の皮膚」、つまり「爪床(爪体の下にある血管に富む柔らかな層)」は、乾燥したように硬くなります。
    | あん | 2009/06/15 5:21 PM |
    爪が剥離したとき
    爪の下の皮膚がかたく
    なりましたか?
    | 大西 | 2009/06/15 3:55 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/01/31 10:15 PM |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2009/01/31 4:35 PM |
    はじめまして。爪甲剥離症へは鍼灸治療が効果的との記事拝見して狂喜いたしました。

    私は38歳の育児休暇中の主婦です。

    かれこれ爪甲剥離症になって15年ほどになります。最初は人差し指一本から始まり今はすべての指の爪がはがれています。数え切れないほど病院を巡りました。が、はがれる爪を食い止めることもできずに今ではもう治療はあきらめておりました。

    西洋医学に頼らず、大好きな針灸でもしかしたら治るのではないか。。と心の中で思っていましたが、通っている鍼灸院の先生にはなんとなく相談できずにおりました。そんな時、偶然近藤先生のこの記事を拝読し、是非治療を受けたいと思いました。しかし同時に、私は神奈川県在住のため、御鍼灸院はあまりにも遠く通うことは不可能であるということが分かりました。。。残念です。
    私が通う鍼灸院の先生に近藤先生の記事を見せてみようと思います。藁にもすがる気持ちです。
    その際には注意点などありますでしょうか?近藤先生からアドバイス頂戴いただければ幸いでございます。何卒宜しくお願いいたします。
    | 清田 | 2009/01/30 9:08 PM |









    http://anshinkyu.com/trackback/20
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      あん (06/11)
    • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
      aya (06/10)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (05/04)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      あん鍼灸院 (05/03)
    • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
      emi (04/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      あん (08/30)
    • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
      りえ (08/28)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      あん (03/22)
    • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
      篠崎 (03/21)
    • 遠方からの患者様へ
      あん (06/10)
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE