あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と婦人疾患(子宮内膜症など)」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛・高血圧などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
あん鍼灸院で『味覚障害』が治った【治験例2】
0
    あん鍼灸院で味覚障害』が治った【治験例2】


    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は症状と治療経過を中心に、詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    『味覚障害』

    2.患者様
    20歳代前半 女性

    3.初診
    2015年2月

    4.現病歴と症状
    1)扁桃腺炎の手術後、味が分からなくなった。手術は扁桃腺を切開して切除した。白いかさぶたがあったようだ。
    2)手術の2週間後、仕事に復帰した。しかし、食事をしている時、シチューの味がわからなかった。チョコレートの甘さもわからない。ヨーグルトが苦く感じる。アイスクリームは甘さを感じず、粘土を食べているようだった。しかし、砂糖そのものの甘味は分かる。
    3)口の中に食べ物がないのに酸味、苦味、甘味がする。
    4)酸味・苦味・辛味・塩味は基本的に分かる。複雑な味はわかり難い。
    3週間後、病院に行ったところ、「数ヶ月間、様子を見て欲しい。治療法がない」と言われた。味覚障害は、よく亜鉛欠乏症が原因と言われますが、サプリメントなどで亜鉛を摂取してもなかなか改善しない。この治験例は、扁桃腺炎の手術が味覚障害の原因であるとすぐ分かる。
    このような背景のもと、鍼灸での治療をしたいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)脈診、腹診、問診、切診などから治療方針を決定し、経絡治療の本治法(脈から読みとった変動している経絡に対して、気血を調整し体質を改善する鍼治療)を行った。治療開始。
    (3回目)甘さが少し感じるようになってきた。
    (7回目)甘みがさらに分かるようになってきた。口の中に何もない時の味に少し苦味があるが、当初より減少している。
    (10回目)冷たい飲み物の酸味や甘みが分かるようになってきた。しかし、舌が痺れた感じがする。
    (17回目)モンブランケーキやチョコレートが甘く感じるようになった。炭酸飲料は、以前、甘く感じなかったが、今は甘く感じる。しかし、冷たいアイスクリームは最初、甘みを感じるが、その後、感じなくなる。
    (19回目)アイスクリームの甘みをずっと感じるようになってきた。
    (22回目) 舌の中央から奥の方が、味に鈍感である。
    (24回目) アイスクリームの甘さがはっきり分かる。口の中に何もない時の味も消えた。(終了)

    以上

    あん鍼灸院で『味覚障害』が治った【治験例1】

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    「鍼の治療間隔と回数」
    (遠方よりお越しの患者様へ)

    ****************
     脈診流調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
     香川県高松市
    木太町1247-11
    ****************

    | あん | 『味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患』 | 23:32 | comments(0) | - |
    あん鍼灸院で『味覚障害』が治った【治験例1】
    0
      あん鍼灸院で’味覚障害’が治った【治験例1】

      あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て、「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと)をする治療をしています。
      ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

      1.主訴
      『味覚障害』
      味が全く分からず、おいしいと感じない

      2.患者様
      90歳代前半 女性

      3.初診
      2012年10月

      4.現病歴と症状
      1)6ヶ月前から味が全く分からなくなり、何を食べてもおいしいと感じない。五味(酸苦甘辛鹹)が分からない。
      2)食欲がわかないので痩せてきた(6ヶ月前から6kg減少)。
      3)手のふるえがあるので服薬すると2、3日後に口の中が苦くなった。
      4)2006年以降、膵臓に嚢胞がある。腫瘍マーカーが高い値を示している。
      5)手足に紫斑(内出血が皮膚上に起こり紫色の斑紋があちこちに出る症状)が、度々出る。
      6)電話からの声は流暢でハキハキしている。音質は高い。
      7)右股関節は人工股関節を入れている。腰椎3、4番のヘルニアで手術をしている。
      内科、脳外科、耳鼻科の病院に治療を受けにいったが、全く治らなかった。
      このような背景のもと、鍼灸での治療をしたいと来院されました。

      5.治療結果
      (1回目)脈診、腹診、問診、切診などから治療方針を決定し、経絡治療の本治法(脈から読みとった変動している経絡に対して、気血を調整し体質を改善する鍼治療)を行った。治療開始。
      (2回目)オレンジジュースの酸味が少し分かったと驚いていた。
      (3回目)甘味を感じることがあった。紫斑が少し消えていた。3日前、便秘で腹痛と嘔吐があった。浣腸すると黄色い便が多く出て楽になった。体温34.7度。
      (5回目)かき揚げを食べると海老の甘味を感じた。美味しいと思った。果物の桃を食べた。これまでは冷たくてみずみずしいだけだったが、桃の味が感じるようになった。しかし、辛いものが苦く感じる。病院で胃、十二指腸の内視鏡検査を行った。胃潰瘍の痕跡があった。
      (7回目)これまでは食べるのが面倒くさかったが、今はなくなった。塩辛味(鹹)が少しわかるようになってきた。便の色が黄色から茶色に変化した。
      (9回目)いやいや食べることはなくなった。塩辛味がまだ、はっきりせず苦味がある。他の味は分かるようになった。食欲がでてきた。紫斑が薄く小さくなった。
      (10回目)塩辛味が分かるようになった。間食が欲しくなるほどに良くなった。紫斑が消えていた。治癒(終了)
      以上
      あん鍼灸院で『味覚障害』が治った【治験例2】

      「あん鍼灸院の治療方針」
      「あん鍼灸院で治る病症」
      「あん鍼灸院へのアクセス」
      「鍼の治療間隔と回数」
      (遠方よりお越しの患者様へ)

      ****************
       脈診流調氣鍼法はり専門
       あん鍼灸院
       予約:087-887-1466
       香川県高松市上福岡町969−4
      ****************
      | あん | 『味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患』 | 11:55 | comments(0) | - |
      あん鍼灸院で『口渇症』が治った【治験例】
      0
        今回は、『あん鍼灸院で’口渇症’が治った【治験例】』です。

        あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治してあげることが最も大切なことと考えています。そのために字の通り、治す「治療」をする努力をしています。患者様への1回1回の治療に、治すための戦略と戦術を注ぎ込みます。
        ここでの治験例は、主に症状と治療経過を中心に詳細な治療方針は省略しています。病の説明は「1.主訴」にあるリンクを’クリック’して下さい。または最後尾にある「病名」を’クリック’しても同様です。病気の詳細を参照できます治験例は、これから治療をお受けになる患者様に治療イメージがわくように構成します。なお、内容については、個人情報保護法を遵法します。

        1.主訴
        口渇症(口内乾燥症、唾液欠乏症)

        2.患者樣
        50歳代後半 女性

        3.初診
        2011年4月

        4.現病歴と症状
        唾液が出ず、日常生活で困っているとのことで、来院されました。病院にも通院されていたが治らなかった。
        昨今、口が渇く症状で困っている患者様が増えています。症状は次のようです。
        1)唾液がでない。
        2)味がすべて塩辛い。
        3)足の裏に汗をかく。冬でも靴下は履かない。足が熱い。
        4)唾液が出ないために、喋りにくい。

        5.治療結果
        (2回目)口の渇きが幾分、緩和した。喋りやすくなった。友人に「以前より楽に話せている」と言われた。
        (3回目)口の渇きは無くなった。施術後、すぐに唾液が出始めた。
        (4回目)さらに唾液が出るようになり、普段と変わらなくなった。治療終了
        以上

        「あん鍼灸院の治療方針」
        「あん鍼灸院で治る病症」
        (遠方よりお越しの患者樣へ)

        ****************
         脈診流はり専門
         あん鍼灸院
         予 約:087-887-1466
         香川県高松市上福岡町969−4
        ****************
        | あん | 『味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患』 | 00:08 | comments(0) | - |
        『喘息』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その2)
        0
          香川県高松市の脈診流はりきゅう経絡治療を専門とする「あん鍼灸院」です。
          今回は、『’喘息’をあん鍼灸院で治療しよう(その2)』 です。

          今回は、東洋医学で治療する「喘息」をお話ししたいと思います。

          1.東洋医学での「喘息」の定義
          東洋医学で『喘息』は「気」の障害とみています。呼吸は、「心」と「肺」で息を吐いて、「肝」と「腎」で息を吸います。つまり、吐くときに呼吸困難を起こすタイプは「心」と「肺」の変動によるものです。吸うときにそれを起こすのは「肝」と「腎」の変動によるものです。

          喘息はどのように起こるのか、まず、下の図を見てください。(左)が正常時の、(右)が喘息発作時の気管支です。青色の部分は、馬蹄形の「気管支軟骨」です。桃色の部分は、「気管支粘膜」です。その周りを囲む濃い桃色の部分は、「弾性線維束」、エンジ色の部分は、「平滑筋線維束」で筋肉層です。東洋医学では、喘息発作は、「平滑筋線維束」と「気管支軟骨」が収縮し、気道が狭くなるために起こると考えられています。併せて、粘液の分泌が増加します。それが、右図のような気管支です。これでは呼吸が出来ません。ここには、炎症という要因はありません。



          2.東洋医学での治療
          上記の『喘息』の定義から、この治療は、特に「肺経」と「肝経」の変動を鍼灸経絡治療によって体質改善してゆきます。
          前者は、息を吐くのが困難で咳を伴います。この喘息は、過敏な人に多く、気圧の変化でも発作を引き起こしやすいタイプです。喘鳴が起こる特徴があります。
          後者は、吸うことが困難となるので吐くこともできません。この喘息は夜間に起こり、1時から3時頃に激しく起こります。朝方には治まる特徴があります。
          なお、痰がある場合は、「脾経」の、ここでいう喘息ではないが、心臓喘息の場合は「心経」の変動を治療します。

          東洋医学は、免疫を高め、体質改善してゆく医療です。したがって、根本的に治せる療法だといえます。現代医学でのステロイド治療が思うように行かない方は、是非、鍼灸経絡治療を試しませんか。
          一つの突破口になると思います。

          (おわり)
          「喘息(その1)に戻る」
          「あん鍼灸院の治療方針」
          「あん鍼灸院で治る病症」
          (遠方よりお越しの患者樣へ)

          ****************
           脈診流はり専門
           あん鍼灸院
           予 約:087-887-1466
           香川県高松市上福岡町969−4
          ****************
          | あん | 『味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患』 | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
          『喘息』を’あん鍼灸院’で治療しよう(その1)
          0
            香川県高松市の脈診流はりきゅう経絡治療を専門とする「あん鍼灸院」です。
            今回は、『’喘息’をあん鍼灸院で治療しよう(その1)』です。

            1.喘息の疫学
            近年、わが国のアレルギー疾患は全年齢で増加しつつありますが、世界でも同じような傾向がみられます。1995年と2002年に ISAAC(International Study of Asthma and Allergies in Childhood)という世界疫学調査が行われましたが、データ解析が終了している1995年の調査結果から、わかったことがあります。
            それは、6〜7歳、13〜14歳の喘息症候群、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎の有症率が、日本はいずれも高くなっています。また、
            下図(6〜12歳小児のアレルギー疾患合併頻度)から分かるように、一人の患者さんが複数のアレルギー疾患をもつことが、珍しいことではありません。



            我が国では、小児の5〜7%、大人の3〜5%が喘息に罹っているといわれています。
            1)小児喘息は、男子に多く(男:女=1〜1.5:1)、そのほとんどはアレルギーが原因のアトピー型喘息です。アトピー型喘息患者が発作を引き起こすのは、I型アレルギーにより化学伝達物質が発生するためです。その誘因は、細菌・ウイルス感染、過労、ハウスダスト(埃・ダニ・花粉・カビなど)・食物・薬物などのアレルゲン、運動、タバコ、アルコール、気圧変化、精神的要因などです。
            2)大人の喘息は、男女比ほぼ1対1で、その60〜80%が大人になってはじめて喘息になった人たちです。大人の喘息では、ダニなどに対するアレルギー反応が発作の原因と考えられる人アトピー型喘息)は約3分の2で、残りは原因が明確に特定できないことが多いのです非アトピー型喘息。非アトピー型気管支喘息の病態生理はまだはっきりしていない。肉体的ストレスを含めたストレスが喘息に悪影響を与えているという説があります。

            2.喘息(気管支喘息)とは
            現代医学では、喘息は気管支などの空気の通り道(=気道)が、慢性的な炎症(?非アトピー型喘息はそうともいえないようです)によって狭くなる病気と定義されています喘息症状の気道は、いろいろな刺激に過敏になっていて、反応が起こりやすくなっています。ちょっとした刺激で気道が狭くなって息苦しくなったりします。喘息の患者さんの気道は、遺伝的な体質に加え、喘息の引きがねとなる外からの刺激(アレルギーの元となるアレルゲン 他、さまざまな因子)に反応すると、気道が狭くなり、空気が通りにくくなります。さらに、気道が過敏になり、咳・痰・ヒューヒューゼーゼーという喘鳴 (ぜんめい)・息切れが起こります。肺機能上、閉塞性障害といって呼気に時間がかかります。

            図2を見てください。左が正常時の、右が喘息発作時の気管支です。青色の部分は「気管支軟骨」です。桃色の部分は「気管支粘膜」です。その周りを囲む濃い桃色の部分は「弾性線維束」、エンジ色の部分は「平滑筋線維束」で筋肉層です。
            現代医学では、
            気管支が敏感になるのは気管支にアレルギーが関係した炎症があるためと定義されています。アレルゲンに反応すると、気管支が炎症を起こします。それによって、上記の喘息症状(右図)が発生するとされています。




            図2 喘息発作時の気管支
            (出典;社団法人日本呼吸器学会)


            3.喘息の症状
            発作時は、咳が出て、息苦しく呼吸が苦しくなります。この時、咳や痰、ヒューヒューゼーゼーという喘鳴が呼気時に強く起こります。症状は日中よりも夜間にひどい場合が多く、就寝時よりも就寝後、深夜から明け方に発作が起こりやすい。

            4.現代医学での喘息治療
            現代医学での薬物治療は、発作が起きないように予防する方法をとっています。喘息は、気管支の炎症によって起こるとしていますので、その炎症を抑える治療を行います。長期投与管理薬として、吸入ステロイド剤などの予防薬の定期使用を行います。発作時には、吸入β刺激薬などの気管支拡張薬を使用します。(出典;社団法人日本呼吸器学会)

            (つづく)次回は、東洋医学での喘息治療です。
            「あん鍼灸院の治療方針」
            「あん鍼灸院で治る病症」
            (遠方よりお越しの患者樣へ)

            ****************
             脈診流はり専門
             あん鍼灸院
             予 約:087-887-1466
             香川県高松市上福岡町969−4
            ****************
            | あん | 『味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患』 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
              あん (06/11)
            • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
              aya (06/10)
            • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
              emi (05/04)
            • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
              あん鍼灸院 (05/03)
            • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
              emi (04/30)
            • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
              あん (08/30)
            • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
              りえ (08/28)
            • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
              あん (03/22)
            • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
              篠崎 (03/21)
            • 遠方からの患者様へ
              あん (06/10)
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE