あん鍼灸院

香川県高松市木太町にある脈診調氣鍼法はり専門 『あん鍼灸院』 です。
お悩みの「爪甲剥離症」「リウマチ・ヘバーデン結節症」「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患」 「不妊症と子宮内膜症」「掌蹠膿胞症」「機↓況薪尿病」「緑内障などの眼疾患」「耳鳴り・嗅覚障害などの耳鼻疾患」「味覚障害・喘息などの口舌咽喉疾患」 「顔面麻痺などの神経疾患」 「鬱・パニック障害・自律神経失調症」「過敏性腸症候群などの消化器疾患」「甲状腺疾患」「ネフローゼなどの泌尿器疾患」「関節疾患」「頭痛などの血管疾患」の根本治癒を目標に、安全で”痛くない”鍼術で『氣の調整』をします。当院の理念、コンセプト、治療方針をご覧下さい。
ご予約は電話:087ー887ー1466 にどうぞ。
あん鍼灸院で『膝関節痛』が治った【治験例1】
0

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために鍼灸術をもって、体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    膝関節痛

    2.患者様
    60歳代前半 男性

    3.現病歴と症状
    1)椅子に座って足を屈曲したり、右膝を正座するように曲げると膝の内側が痛む。さらに膝の裏側とふくらはぎ(腓腹筋)が突っ張る。

    2)歩き始めると膝に痛みが出るが、15秒くらい歩き続けると痛みがなくなる。

    3)朝、起床時、手指の強張りがある。

    整形外科病院では、X線撮影で検査したが、骨に異常がなく原因不明ということだった。治療は湿布薬が処方され、それを貼っている。しかし、効果がない。そこで、鍼灸で治したいと来院されました。


    4.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診等から体と病、および経脈十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の気の調整を行う治療を開始。病は「体質改善」して治すと言います。病にはそれを引き起こす「病因」が必ずあり、それを治すことが「体質改善」です。初回の鍼治療を行う。

    (3回目)手指の強張りが消えた。歩き始めに一瞬、痛みが出るが、その後は痛くない。少し良くなっている。
    (5回目)膝を曲げれるようになり、気にならない時が増えてきた。座位から立つ時に右膝の内側が痛かった。しかし、痛みの度合いが弱くなってきた。
    (7回目)右膝内側の痛みは、中腰で正座が出来るまでに緩解してきた。膝裏側の突っ張り感はなくなった。歩き始めの痛みは無い。前回の治療後から急速に良くなっているという。

    (9回目)膝は大腿と下腿の角度が20度くらいまで曲げることができるようになった。

    (10回目)大変良くなって痛いところはもう無い。旅行にゆきたいので治療を終了したいと申し出があった。当院は根本治療を目指しています。患者様に、今後、再発が起こらないように今の「体質変化という病因」を確実に無くして根本的に治癒させることが大切ではないかとお話しししました。その治療回数は2〜3回で脈状の変動が消え、正常な元の体質に戻るだろうと伝えました。患者様はそれに賛同され、旅行後も治療を続けることになりました。

    (11回目)脈状の変動がほぼなくなってきた。
    (12回目)旅行から帰ってきた。体調が大変、良好だったとのことでした。脈状の変動が全くなくなっていた。予定通り治療を終了した。もう再発は起こらないと思う。

    以上

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)

    *************
     脈診調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    *************

    | あん | 『関節疾患』 | 18:57 | comments(0) | - |
    あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
    1

    あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”治療ではなく、しっかり”体質改善”をはかり、病が再発しないように根本治療することが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て鍼術で「気の調整」(患者様の気、すなわち、体表を流れるエネルギーの過不足を調整し、または気の働きを妨害する邪気を取り除き、そして、気の滞りを流すこと)をする治療をしています。
    ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容は個人情報保護法を遵法し、一部、割愛します。

    1.主訴
    顎関節痛/倦怠感、頭痛、食欲不振

    2.患者樣
    20歳代前半 女性

    3.初診
    2015年9月

    4.現病歴と症状
    1)1年前から、倦怠感と頭痛があり、食欲がなく、元気がでない、肩が凝る等の症状が出てきた。さらに、気分が落ち込む。心療内科に通院しているが、症状が全く良くならない。ずっと服薬している。
    2)それに遡って、2年前から顎関節痛が起こり食べにくい。口を開けると顎関節が外れそうな感じがする。ガクっという音がして、顎がずれる。しかし、外れたことはない。大きい口を開けにくい。特に、歯をぐっと噛む癖がある。現在、矯正歯科では、就寝前にマウスピースを装着して顎関節痛を治療中だが、良くなっていない。
    東洋医学の鍼で治したいと来院されました。

    5.治療結果
    (1回目)脈診と腹診、および問診等から体と病、および経脈十二経の「陰陽虚実」を診て治療方針を決定。鍼で全身の気の調整を行う治療を開始。病は「体質改善」して治すとよく言われます。病にはそれを引き起こす「病因」が必ずあり、それを治すことが「体質改善」です。症状が出てきたのは2年前の顎関節の異常からである。母親と一緒に来院されました。自分で運転することが怖い。
    (4回目)体温が上がってきたような感じがあり、体が楽になってきた。食欲が出てきた。
    (5回目)倦怠感と頭痛、肩凝りがなくなってきた。さらに食欲が出てきた。今日は、患者様一人で、車を運転して来院された。言葉もしっかり話され、体質が改善されてきたことがわかる。
    (8回目)顎関節が痛くて発熱がある。37.5度。風邪ではない。
    (10回目)顎を開閉すると、ガクっと音がして痛い。熱はもうない。

    (11回目)気分が軽い。頭痛はもうない。薬はもう飲んでいない。顎関節の痛みはないが、まだガクっと音がして口を開けにくい。
    (13回目)顎関節がガクガクいわなくなった。また、気分の落ち込みもなくなった。しかし、気力はまだ、回復していない。
    (18回目)体調が良い。顎関節は、口を開けると外れそうな感じがあるが、以前より随分、良い。元気な顔つきになった。少し、ふっくらとしてような感じを受けた。「新しい就職先の正社員に内定が決定して嬉しい」と患者様。脈状が正常な状態に近づいた。
    (19回目)「口を大きく開けても、痛みも外れそうな感覚もなくなった。日常、困る体調不良はもうない。」と患者様の言葉。脈状の変動が消えていた。治療を終了した。

     

    「あん鍼灸院の治療方針」
    「あん鍼灸院で治る病症」
    「あん鍼灸院へのアクセス」
    (遠方よりお越しの患者樣へ)


    ****************
     脈診調氣鍼法はり専門
     あん鍼灸院
     予約:087-887-1466
    ****************

    | あん | 『関節疾患』 | 17:45 | comments(3) | - |
    あん鍼灸院で『首の前傾(首が全く挙らない)』が治った【治験例】
    0
      あん鍼灸院で’首の前傾(首が全く挙らない)’が治った【治験例】

      あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治すことが最も大切なことと考えています。そのために体と病、および経絡の「陰陽虚実」を診て、「気の調整」(生気の不足を補い、または生気の働きを妨害する邪気を取り除くこと)をする治療をしています。
      ここでの治験例は、症状と治療経過を中心として詳細な治療方針は省略しています。なお、内容については個人情報保護法を遵法します。

      1.主訴
      首の前傾(首が全く挙らない)

      2.患者樣
      70歳代後半 女性

      3.初診
      2012年9月

      4.現病歴と症状
      1)顎が胸(喉ではない)に付く位に首が折れ曲がって、全く挙らない。痛みはないが、非常に苦しい。夏頃からその前傾が出てきた。
      2)徒歩ができ、介助も少なくてよい(日常生活自立度;A1)。
      3)圧迫骨折(腰椎1番と5番)でギプスを着けている。ステロイド剤副作用による骨粗鬆症が原因で骨折し、入院していた。朝、起床時、腰痛がある。しかし、時間とともに楽になる。
      4)病院では、この主訴をリウマチ性多発筋痛症と診断している。しかし、この病症の特徴症状である運動時痛はなく、さらに寝返りもできる。つまり、この診断は誤りである。ステロイド剤副作用による糖尿病もある。病院では、首の前傾を治せなかった。
      5)足の甲が内出血し、赤い。
      このような背景のもと、鍼灸での治療をしたいと来院されました。

      5.治療結果
      (1回目)脈診、腹診、切診、問診などから治療方針を決定し、治療を開始した。仰向けに寝ることはできる。治療は経絡の変動を治すことで、首の筋に刺鍼する治療はしない。
      (2回目)既に半分くらい首が挙ってきた。しかし、まだ、下を見つめている格好である。1回目の治療の夜、右側の胸から腹にかけて内蔵が動いているような感じがしていたと訴えた。排尿の回数が増えた。
      (3回目)首がさらに挙ってきた。2回目の治療後、排尿の回数が20回くらいに増えた。経絡の変動で起こった体内に貯留している不要物を排出している。足の踝より下の皮膚がゴワゴワで硬い。
      (4回目)首がさらに挙って、ほぼ垂直になった。足の甲が内出血して赤かったが、消えた。
      (6回目)首がまっすぐになって正常な状態まで回復した。また、経絡の変動もなくなっていた。治癒(終了)
      以上
      「あん鍼灸院の治療方針」
      「あん鍼灸院で治る病症」
      「あん鍼灸院へのアクセス」
      「鍼の治療間隔と回数」
      (遠方よりお越しの患者樣へ)

      ****************
       脈診流調氣鍼法はり専門
       あん鍼灸院
       予約:087-887-1466
       香川県高松市上福岡町969−4
      ****************
      | あん | 『関節疾患』 | 22:16 | comments(0) | - |
      あん鍼灸院で『肩関節周囲炎』が治った【治験例】
      0
        今回は、『あん鍼灸院で’肩関節周囲炎’が治った【治験例】』です。

        あん鍼灸院は、患者様の病を”一時的に症状をとる”だけではなく、しっかり”体質改善”するまで治してあげることが最も大切だと考えています。そのために字の通り、治す「治療」をする努力をしています。患者様への1回1回の治療に、治すための戦略と戦術を注ぎ込みます。

        ここでの治験例は、主に症状と治療経過を中心に詳細な治療方針は省略しています。病の説明は「1.主訴」にあるリンクを’クリック’して下さい。または最後尾にある「病名」を’クリック’しても同様です。病気の詳細を参照できます治験例は、これから治療をお受けになる患者様に治療イメージがわくように構成します。
        なお、内容については、患者様の了解のもとで記載し、個人情報保護法を遵法します。

        1.主訴
        肩関節周囲炎

        2.患者樣
        60歳代前半 男性

        3.初診
        2011年1月

        4.現病歴と症状
        1)約半年前の昨年6月に左肩が痛く、左の腕が挙がらなくなった。左手を頭や首に持って行くことができない。腕を挙げるときは、反対の手で支えて挙げている。
        2)圧痛点は左肩の外側である。
        3)右足膝下が浮腫んでいる。
        それで、鍼灸(はりきゅう)での治療をしたいということで来院されました。

        5.治療結果
        (2回目)左腕が挙がるようになってきた。左手を頭や首に持って行くことができるようになった。しかし、まだ痛い。夕方になると足が浮腫む。半年もずっと、かなり痛かったので、早くあん鍼灸院に来ておけば良かったとのこと。
        (4回目)痛みがとれてきた。治療前のほぼ半分になった。
        (5回目)ほとんど痛みと浮腫がとれた。
        (6回目)腕が痛みなく挙がるようになった。(治療終了)
        以上
        「あん鍼灸院の治療方針」
        「あん鍼灸院で治る病症」
        (遠方よりお越しの患者樣へ)

        ****************
         脈診流はり専門
         あん鍼灸院
         予 約:087-887-1466
         香川県高松市上福岡町969−4
        ****************
        | あん | 『関節疾患』 | 07:48 | comments(0) | - |
        『頸腕症候群』を’あん鍼灸院’で治療しよう
        0

          1.頸腕症候群とは
          頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)は、首から肩、腕、背部にかけて、痛みや凝り、および痺れなどの異常感覚を訴える症状を総称して呼ばれます。また肩腕症候群(けんわんしょうこうぐん)、頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)とも言われます。
          以前は、頸腕症候群に変形性頸椎症、胸郭出口症候群なども含まれていましたが、原因の解明によって、これらの疾患は独立したものとして扱われています。つまり、原因がはっきりしている変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、頚椎捻挫後遺症(むち打ち症)などを除き、検査などで病因が確定できない疾患を「頸腕症候群」と呼んでいます。例としては上腕骨外(内)上顆炎、肘部管症候群、手関節炎、腱鞘炎、手根管症候群などがあてはまりますが、疾患名がないものも含まれます。

          2.頸腕症候群の症状
          1)首、肩、上背部の筋肉群(僧帽筋や胸鎖乳突筋など)から腕にかけての凝り、こわばりや痛み。
          2)手・指などのしびれ。
          3)だるさからくる感覚障害や運動障害(脱力感など)、それによって起こる腕・手・指に力が入らない症状。
          4)腕や手の冷え。
          5)頭痛、眩暈(めまい)、および耳の症状。 

          3.頸腕症候群の発生メカニズム
          1)外的要因
          作業の時間や反復性、作業を行う力の強さ、作業動作の種類、作業姿勢などが組み合わさって、体への負担が大きくなります。例えば、同じ動作でも、その姿勢や反復する頻度によって体への負担の強さが変わってきます。

          2)内的要因
          頸腕症候群は、筋肉や骨、関節など身体を動かすための組織や構造が限度を越えた負荷を受け続け、損傷されたために起こります。許容範囲を超えた負荷によっても、損傷を受けた組織は正常な働きを失います。例えば、大きな力が加わることで筋肉が損傷されることは容易に考えられますが、小さな負荷でも、その回復する時間を与えられずに負荷が継続されると、組織が損傷され頸腕症候群が発生します。

          3)心理的要因
          人は心理的なストレスを受けると、交感神経の緊張を高めて血中のコルチゾールやカテコールアミンなどのストレスホルモンを増大させて免疫機能を低下させます。ストレスに反応した体は、直ぐには元の状態に復元せず、次第に痛みを敏感に感じるようになります。

          4.現代医学的治療
          非ステロイド系抗炎症剤や筋弛緩剤などの処方や神経ブロック療法(トリガーポイントブロック、星状神経節ブロック、肩甲上神経ブロックなど)(神経ブロック療法;痛みを伝える神経伝導路に麻酔薬などを注射し一時的にブロックし痛みが脳に伝わらないようにするもの)、レーザー治療、および理学療法として温熱療法や頚椎牽引療法・頚部のストレッチング・筋力強化訓練などがあります。また、精神的なストレスが背景にある場合は、軽い精神安定剤を処方されることがあるようです。

          5.東洋医学的治療
          1)首・肩を流注する経絡の変動が病気を起こしている
          東洋医学では、病気はすべて経絡の変動によって起こると考えられています。には、最後頚部から督脈、膀胱経、胆経、三焦経、小腸経、大腸経、胃経、任脈という経絡が走行しています。には三陰(「肺経」・「心経」・「心包経」)、三陽(「大腸経」・「小腸経」・「三焦経」)が巡って、非常に多くの経絡がここを走行しています。また、 頸肩部は数多くの骨で構造を作っています。その構造を支える筋腱をコントロールする「肝経」の働きが重要です。症状が出ているところにどの経絡が流注しているか、が重要となります。脈診や腹診で、どの経絡が変動しているかを診断されれば早い解決となるでしょう。

          2)原因を考える
          頸腕症候群は一日中、同じ姿勢で作業をするような労働が原因となることが多い。特にパソコンに向かって、長時間にわたってキーボードやマウスを操作したりする仕事の人に多くみられます。
          また、猫背は、上部頸椎を圧迫しており、後頚部の凝りとして症状が出てきます。この猫背は、筋肉・腹筋の低下が原因と考えられます。さらに、就寝時の横寝も原因となります。

          3)頸腕症候群の鍼灸治療
          a.当院では、頸腕症候群の治療のために、5−1)で述べた変動している経絡を調整し、体質改善を目標とします(本治法)。かつ、仙腸関節の調整施灸を併せて行い全身を調整します。その後、経絡上の特効穴で治療します。頸腕症候群に罹患されている患者さんは、大抵、体が虚実入り交じった状態になっています。鍼灸で補瀉という手技によって気を調整します。

          当院の患者さんには、病院で老化が原因といわれて来院される方がいらっしゃいますが、経絡的な鍼灸治療で肩・腕の症状が改善されています。

          b.パソコンを仕事に使用されている方は増えていると思います。その場合、パソコンと身体の位置は、頭が15度の角度で少し上を向いたような姿勢を推奨しています。また、首を突き出してパソコンをのぞき込むような姿勢は取らないように薦めています。

          「あん鍼灸院の治療方針」
          「あん鍼灸院で治る病症」
          (遠方よりお越しの患者樣へ)

          ****************
           脈診調氣鍼法はり専門
           あん鍼灸院
           予 約:087-887-1466
           香川県高松市木太町1247-11
          ****************
          | あん | 『関節疾患』 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << December 2018 >>
          + SELECTED ENTRIES
          + RECENT COMMENTS
          • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
            あん (06/11)
          • あん鍼灸院で『緑内障・白内障』が治った【治験例】
            aya (06/10)
          • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
            emi (05/04)
          • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
            あん鍼灸院 (05/03)
          • あん鍼灸院で「顎関節痛/倦怠感・頭痛・食欲不振」が治った【治験例】
            emi (04/30)
          • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
            あん (08/30)
          • 『爪甲剥離症』で爪がパリッと剥がれたら”あん鍼灸院”で治療しよう
            りえ (08/28)
          • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
            あん (03/22)
          • あん鍼灸院で『難聴・耳鳴り・耳閉』が治った【治験例3】
            篠崎 (03/21)
          • 遠方からの患者様へ
            あん (06/10)
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE